引越し料金は非常に不透明な部分が多く値引きもよほどの繁忙期でなければできます。
そうなってくると実際の料金はいくらであるかが非常に不透明で分かりにくいものになっています。
それをいいことにあの手この手で丸め込んで通常より高めに出して利益を得ようとする会社も沢山あります。
そもそも引越し料金は各トラック、距離、人員の費用は明確に決まっているのでごまかしようがないのですが、
一番曲者なのが、作業料金の項目です。
ここで大きく費用を取ったり、値引きの調整をするので、個々の費用が適正かを数社比べる必要はあります。
引越し料金を高く取るよくある手法としては、訪問した営業さんが金額を出す前に他社の見積もりを終えているか、その金額は出ているか探ります。
もし自分が1番最初の業者と分かれば、引越し料金を高く見積もりし、即決するならここまで下げますよで一気に欲しい価格まで下げます。
ここまではよくある手法ですが、業者によっては直ぐに段ボールを運び込みキャンセル防止をしにくくします。
更にキャンセル防止の為に、運んだ段ボールの封を切って、1箱段ボールをデモンストレーションで組み立てる業者も中には存在します。
そうしておけばキャンセルの時に段ボールを直接持ってこさせたり、代金を請求出来るのでかなりの手間が発生します。
また引越し屋によっては物販も扱っているところが多く、フローリングのコーティングや、家具の販売、新聞の購読などあらゆるサービスを分厚いカタログから選ばせて、単価を高くしようとします。
当然専門の店で買って搬送してもらった方が安いケースも多いので、引越しに関しては買い物は不要です。
仮に即決を粘られても、こちらも出かける用事があることを伝えて身支度をすると帰らざるを得なくなるので、面倒と感じたらすぐに帰ってもらいましょう。