引越し料金は案外費用がかさむものです。特に今年は、昨年から懸案事項となっている引越し業界全体の人手不足、トラック不足で、ますます引越し料金が跳ね上がることが予測されます。そのようななか、会社の費用で引越しをする、という方はまだしも、自分の都合で引越しをするという方は特に料金を安くしたい、という強い思いにかられます。そういったときには、いろいろな会社に問い合わせをして、料金を比較する、ということを考えますが、最近では「一括見積りができます」というインターネットサイトも多く目にします。
そういったサイトを利用する、しない、に関わらず、複数の会社に問い合わせをして、まずは料金を比較するとよいでしょう。
 ただ、春はいろいろな会社に連絡をする、もしくは、連絡を受けて、引越し料金の見積りをしてもらえる段階にいけば、まだよい方で、場合によっては、電話の問い合わせの段階や、一括見積の段階で、即刻お断りされることもあります。
運よく、複数の会社から引越し料金の見積りをしてもらえる段階になったとして、見積りをしてもらうと、昨今の事情から、結構な値段の見積りを示され、驚いてしまいます。そこで、交渉をしようとすると、「これ以上は安くならない」と突っぱねられることもあります。そのようなときの駆け引きから「この場で弊社に決めていただければ、特別にこの価格にします」ということを言われることがありますが、ここは慎重に考えましょう。
特に、最初に見積に来た業者に、そのように言われた場合、比較対象はありませんが、問い合わせをして断られた経験から、この会社しかないかも、とか、即決でここまで安くしてくれるのだから、と思ってしまうこともあるでしょう。
そのようなとき、ちょっと冷静になって考えてみましょう。もしかすると、本当にその価格が安いかもしれませんが、そうではないこともあり、後で後悔するようになることも。慎重に考えて決断しましょうね。