2~4月には多くの引越しが行われると思います。
家族での引越しも多いですが一番多いのが単身者の引越しです。
しかし引越しなんてそう何度もするものでもないですし、疑問や不安も多い事かと思います。
そこで引越し料金はどうしたら安く済ませられるのだろうという疑問について、単身者目線で解説したいと思います。
単身者の引越し料金の目安は?
引越しする場合単身者では各引越し業者から単身者向けパックというプランがでています。
これは約縦1.5m、横1m、幅70mほどのゲージ(サイズは各業者で決まっています)がありこのゲージに入りきるならいくらでも定額料金で発送することができます。
料金は基本料金+距離に応じた金額が料金となり、市内での移動の場合さらに安くなるプランもあります。
単身向けパックは基本的に大型の家具の発送には適していません。
ゲージに入りきらなかった場合は通常の引越し料金が加算されてしまいます。
次に引越し料金を安く済ませる方法として引越しの時期をずらすという方法があります。
引越しの繁忙期とされる2~4月にかけては通常期にくらべ5%から10%料金が上乗せされます。
また引越しを午前中と夕方に設定するかでも料金に差が出る場合があるので見積もりをとる際に確認することをオススメします。
単身者の引越し料金を抑える方法として紹介しまきましたがさらに大型家具は現地で買う。家具等がなくダンボール10箱程度だけなら宅配便を利用するなどがあります。
やはり引越しをする上でネックなのが大型家具の配送です。
特にこだわりがない家具ならメルカリやジモティーなどで売ったり、譲ってしまうのも手だと思います。
また家具がなくダンボール等のサイズの小さい荷物だけならば宅配便を利用することをオススメします。
単身者の場合引越しに必要なダンボールは部屋のサイズにもよりますが10~15箱が平均的です。
ダンボール1箱(10キロ以内)を東京都内から都内に発送する場合1500円ほどとなります。
なので10箱送っても2万円以内で済んでしまいます。
家具が要らないなら処分して宅急便で安く引越しを済ませてみませんか?
現在引越しは業者大手をはじめ地元の中小の会社も含めるとかなりの数があります。
なので見積もりをとるのも面倒なことが多いと思いますが、今はインターネットでも受付ができるので早め早めに手続きして予約するのが得策です。
そんな時便利なのが、ネットで自動で引越し見積もりしたまま注文できるのがここです。
軽トラックでの引越し会社ですが、単身だけでなく、ファミリーなら2台3台とトラックを用意してくれます。
安くて評判なのでいつも予約を取るのが大変ですが、最安値の引越し相場をの会社なので単身のリーマンにはとても助かるサイトです。
引越し料金が抑えてお金が浮けばそのお金で欲しかった物。または家具なども揃えられるかもしれません。